国家資格と民間資格との違いを知っていますか。

アクセスカウンタ

zoom RSS 国家資格と民間資格の違いとは

<<   作成日時 : 2009/01/13 11:50  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

国家資格と民間資格の違いを知っていますか。

国家資格とは、国が法律に基づき、国家試験等によって個人の能力や技能を判定し、特定の職務に従事する資格を付与するものなのです。

つまり、国家資格には法律の裏付けがあって、そこが国家資格と民間資格との大きな違いです。

国家資格を取ったことで、年収が増える人もたくさんいるようですし、再就職や転職をすることにも国家資格というのはメリットになると思うのです。

医療事務の資格は今最も人気のある資格となっているのです。

医療事務とは、レセプト業務を行うことが多く知られているようですが、ほかに病院や診療所内での全ての事務作業を行っているのが医療事務なのです。

国家資格には、資格取得者だけがその業務を行える業務独占資格、資格取得者のみが名称を使用できる名称独占資格、その仕事に就くにあたり基準となる任用資格の3つがあるようです。

国家資格は社会的な地位や信用、そして収入をアップすることにつながるので、国家資格を取るということは自己投資することにもなるわけなのです。医療秘書業務に至るまでその仕事の幅はとても広いといえるのです。

病院や診療所で医療事務として働くためには必ず医療事務の資格が必要かといえば、そうではないのです。

国家資格以外はすべて民間資格と分類することができるのです。ひとくちに民間資格といっても、公益法人や商工会議所が主催しているものから、企業、スクールが運営しているものまで実に幅広いようです。

資格のメリットの一つに、業務独占や名称独占などの資格の特典があるのです。資格の特典は資格によって異なるようですが、資格に業務独占があるときはその資格者以外その業務を行うことができないようですので、非常に強力な資格なのです。

医者や弁護士などが有名ですね。資格選びでは資格の特典も十分調べるのもいいかもしれないと思うのです。

また、海外では行政からの公認を受けている米国公認会計士や米国税理士などの資格も、日本国内では法的効力がないため、民間資格と位置づけられているようです。

このように資格にはさまざまなタイプのものがあるようです。中身をよく調べて、自分にとって本当に必要な資格をめざすことが大切なのです。


ユーキャンでは資格から趣味まで100講座以上を紹介!

【関連リンク】
ユーキャン通信講座【生涯学習のユーキャン提携】案内
がくぶん総合教育通信講座@人気評判ランキング!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国家資格と民間資格の違いとは 国家資格と民間資格との違いを知っていますか。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる